これは気持ちいい。後編

先日アップしたBLOGの続きを書こうと思う。

撮影機材を背負った自分に驚きを与えてくれたCLYDE HEAVY SHEEP。

そして話は帰路につく車内での出来事へとシーンを変える。

-----------------------------------------------------

episode 2:感銘

一日中歩き回った撮影も終了し、心地いい疲れを覚えながら帰路につく。

5月にしては冷たい風が吹く今日は、Tシャツにライダースがちょうど良い気候だった。

助手席に乗り込み撮影の満足感からか一気に身体が重くなる。

歩き回ったせいか、汗をかいた体は外気温にさらされた事で冷えを強く感じた。

最後に着用していたCLYDE HEAVY SHEEPを脱ぐ間もなく乗り込んだ車。

横浜の綺麗な夜景を横目に、車は首都高へと進む。

撮影時に使用する車は軽バンのため、窮屈で身体を伸ばす事すら許してくれない。

硬いサスペンションの軽バンは腰痛持ちの自分には結構堪える。

その時なんだけど、ふと思ったんですよね。

あ、俺CLYDE着たままだったんだって。

本当ビックリで正直感銘を受けたんです。

柔らかいニットのカーディガンでも着ているのかと錯覚するくらい着心地が良くて、

狭い車内で革ジャンを着ている事を完全に忘れさせられたんです。

革ジャンを着ている方なら分かりますよね?

こんなにストレスフリーな革ジャンてあるんでしょうか?レベルです。

厚口の羊革ならではの重厚感とドレープ感、

ステッチのプックリ具合や上品さを醸し出す極上の素材感。

スラックスに合わせたら女性ウケも抜群のCLYDE HEAVY SHEEP。

SUNSET BAYの中でもシンプルの極みを体現するFlagship modelですが

その底知れないレスポンスに創作者自身も改めて”感銘”を覚えた銘作と呼ぶに相応しいPRODUCT。

騙されたと思って着てみてください。

もし着心地悪かったら返品しても良いですから(笑)

それでは。。。

また書きます。

 

Journey.

 

 

Older Post
Newer Post

コメントを残す

閉める

登録してみませんか

anemoscope ではお得な情報や更新情報などを配信しています。メールマガジンもしくは LINE公式アカウントのご登録はこちらから。LINE公式アカウントをフォローしてお得なクーポンをゲット!

LINE公式アカウント

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

ショッピングカート

カートは現在空です。
Shop now