SUNSET BAY -GEORGIA- の特徴その1 – anemoscope

SUNSET BAY -GEORGIA- の特徴その1

久しぶりのblog更新です。
今回ご紹介するのはSUNSET BAYの革ジャンの中でも非常に人気の高いGEORGIA
お電話や店頭でのお問い合わせが多いモデルですので部位別に長くならない程度に解説しておきます。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2071.JPG
まずはSUNSET BAYでは希少なブラウンカラーのライダースジャケット"Georgia"の一部分を。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2067.JPG
なんといってもこの子の1番の特徴は衿。マニアックな話になりますが、台襟を敢えて排除する事でオープンカラーのような胸辺りから広がりのある綺麗なVラインを描くデザインを採用しました。
理由はとても簡単です。
前を開けて着ても閉めて着ても首回りが煩わしくならず主張し過ぎないようにしたかった。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2068.JPG
上着にとって襟はかなりのアピールポイントなんです。
その為、襟の形状で見え方は幾分にも変化します。
シャツの襟の種類だけでも数十はくだらない程、襟はデザインを1番表現しやすい部分。
角の形状や幅の取り方、数センチの高さの違いでフォーマルにもカジュアルにも変身します。
それがレザーで落とし込むとなると本当に簡単ではないんです。
僕自身、モックネックやシャツ、サーマルやパーカーやヘンリーネック等、様々なデザインのインナーを着るため全ての首回りに合うものが作れなければ作る意味はないという意気込みで製作しました。
そしてそのようなジャケットを絶対に作りたかったんです。
スタンドカラーを主に採用していたSUNSET BAYのライダースジャケットに新たな仲間を加えるのは本当に難しい事でした。
デザインのデッサンから始まり、そのものに対して1番適した革の当て込み、ファスナーテープや裏地の色味、ポケットに手を出し入れした時の気持ち良さや袖を通した時の心地よさ、そしてそれらを全て落とし込み、最終のサンプルが仕上がってくるまで本当に不安だった。
でもそのサンプルを実際に目にし着用した瞬間今までの経験が本当に生きた物作りが出来たなと思えました。
たかが襟の話でかなり長くなりました。
次は背中への拘りを紐解いてみたいと思います。
時間がある時にでも書いてみます。
では。
journey.
※2017年LINE BLOGより
Older Post
Newer Post

2 comments

  • コメントありがとうございます!このような特性を沢山の人に感じてもらえたらなと思います!

    anemoscope
  • 本格革ジャンでありながらデイリーウェアにハマるのはこういうこだわりがあるからなんですね!

    MS

Leave a comment

Close (esc)

登録してみませんか

anemoscope ではお得な情報や更新情報などを配信しています。メールマガジンもしくは LINE公式アカウントのご登録はこちらから。LINE公式アカウントをフォローしてお得なクーポンをゲット!

LINE公式アカウント

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Search

Shopping Cart

Your cart is currently empty.
Shop now